第30回-第39回

エコライフステージ2020に参加!

エコライフステージ2020に
10月ツキイチが参加させていただきました。

第37回ツキイチの集い

第37回ESDツキイチの集いは「ちきゅうをすくうのはきみだ!ミライのためのかんきょうきょういく」と題して、子供たちに向けたイベントを行いました。今回は、SDGs4番、12番、14番に着目し、環境問題についての簡単な授業を行ったり、ペットボトルをリサイクル活用してクリスマスツリーを作成したりしました。今回のイベントを通して、子どもたちに環境問題を身近な問題として捉えてもらい、今自分たちにできることは何か考えるきっかけになりました。

第36回ツキイチの集い

第36回ESDツキイチの集いは「 広げよう世界の輪!北九大生による国際交流 in 北九州 」と題して、国際交流に着目したイベントを行いました。
イベント内では、留学生の方に文化の違いや日本に来て驚いたことなどを話して頂いたり、班ごとにテーマを決めたグループワークを行いました。
今回のイベントを通して「国際交流」に関心がある人の多さや文化の違い等の新しい気づきを学ぶことができ、今後自分で交流の場を広げていくいいきっかけを作ることが出来たと思います。

第35回ツキイチの集い

第35回ESDツキイチの集いは「スポーツしながら学ぼう!まちロゲイニング」と題して、地図をもとに、時間内にチェックポイントを回って得点を集める、まちロゲイニングを⾏いました。また、まちロゲイニング中にはゴミ拾いも⾏っていただきました。イベントを通して、地域の様々な場所にSDGsに関連するスポットがあることや街中にはゴミがたくさん落ちていることを実感し、今後⾃⾝でもSDGsに取り組んでいくきっかけを作ることができたと思います。

第34回ツキイチの集い

第34回ESDツキイチの集いは、「ちょっと待った! その食品、本当に捨てても大丈夫?」と題し、食品ロスに着目したイベントをオンラインにて開催しました。
イベント内では、食品ロスの現状やその取り組み、企画メンバーが実際に行った食品ロス対策メニューに関して内容を取り上げ、講師に認定NPO法人フードバンク北九州ライフアゲイン代表原田昌樹様をお招きしました。
原田様のご講演やイベント内容からコロナ禍ではあるものの、普段は見過ごしがちな「食」の重要性に関して参加者の皆様に実感して頂く、そのようなきっかけづくりの場になったイベントでした。

第33回ツキイチの集い

第33回 ESD ツキイチの集いは「歩く!見つける!学ぶ!魚町 SDGs ウォークラリー」と 題して魚町商店街振興組合理事長の梯輝元様をお招きし、魚町が SDGs 商店街となった背 景や取り組みについてご講演いただきました。
また、ご講演後は実際に SDGs に取り組ま れている店舗を巡るウォークラリーを行いました。
イベントを通して、日常の様々な場所に SDGs 達成に貢献するヒントが隠れていることを実感し、今後自身でも SDGs に取り組ん でいくきっかけを作ることができたと思います。

第32回ツキイチの集い

第32回ESDツキイチの集いでは、「人生100年時代 必要なお金は2億円!?」と題して西日本シティ銀行の方をお招きし、生活におけるお金や銀行の役割、そしてライフプランについて講演していただきました。
また今回もオンラインでの開催ということで、様々な地域からご参加いただくことができました。
講演やライフプラン設計のワークを通じて、参加者の皆様にはご自身のこれからの人生について楽しく具体的にイメージしていただけたと思っております。

第31回ツキイチの集い

第31回ESDツキイチの集いでは、「Let’s be Reborn!生きものに優しい人にへ~んしん!」と題してNPO法人北九州・魚部副理事長の上野由里代さんをお招きし、講演していただきました。
講演やグループワークを通して、生きものの気持ちになって自分自身の生活を見直し、楽しく生きものについて考える時間となりました。
ESDツキイチの集い初のオンラインイベントということで、全国各地、幅広い年齢層の方に参加していただくことができました。
このイベントを通して、生きものと人間が共存していくために大切なことを考えるきっかけになったと思います。

第30回ツキイチの集い

第30回ESDツキイチの集いは、「ごみアート大作戦!!〜小倉のまちからゴミをなくそう〜」アドバイザーに原賀いずみさんにきていただきグリーンバードさんとコラボして街でゴミ拾いを行い小倉の町中に捨てられたゴミはいずれ川や海に流れ、海洋汚染にも繋がります。
その繋がりが目に見える様に「まち」をアートで再現する予定でしたが新型コロナウイルス感染拡大防止のため中止となりました。

最新の活動に戻る