ページの先頭へ



ESDとは?

2002年に南アフリカ・ヨハネスブルグで開催された持続可能な開発に関する世界首脳会議において、日本の小泉首相(当時)とNPO/NGOが「国連持続可能な開発のための教育(ESD)の10年」(2005~2014)を提案し、国連総会は全会一致でこれを採択しました。

ESDとは「持続可能な開発のための教育 (Education for Sustainable Development)」の略です。未来へ持続可能な社会の実現を目指し、私たち一人ひとりが、世界の人びとや将来世代、また環境との関係性の中で生きていることを認識し、よりよい社会づくりに参画するための力を育む教育です。

ページの先頭へ